about

―創り手の想いを、よりよい環境を、繋いでいくために。
ファッションをもう一度たのしんでいただくために。―

創り手の想いのこもったアパレルでも廃棄されてしまうことがある。 Re:nne(リンネ)は誰かに見つけてもらうことができなかった服を拾いあげ、 よりお求めやすい価格で、もう一度想いを込めて提案します。 お財布にやさしいということはもちろん、アパレル業界で深刻な問題となっている アパレル製品の廃棄を減らし、CO2削減で地球にも優しいサスティナブルな運営を目指します。 新品のアパレルだけでなく中古アパレルも同様の想いをこめて扱っていきます。

Renne(リンネ)とは輪廻の意味。

  • Reduce(廃棄物の発生抑制)
  • Reuse(再使用)
  • Regeneration(再生)…etc

使われるイニシャル『R』を取り、日本でもなじみ深い『Re:』という単語に集約しました。

< 衣服を循環することで削減されるCO2 >

※CO2削減量はアイテムカテゴリー毎に衣類の重量や組成素材に応じて焼却時に排出されるCO2量を算出しています。
※出典:アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL
※排出原単位出典:LCIデータベースIDEAversion2.2

―Re:nne(リンネ)がオフプライスストアとして目指す役割―

アパレル製品の大量廃棄は解決すべき課題ですが、単純に生産量を大きく圧縮してBASICな商品の比重をあげていくというような入り口だけでの調整を行うことが「ファッション業界」をサスティナブルなものにするかというと、私たちはそうではないと考えています。 ファッションは新しいものが提案されてそれを見た人々がワクワクしたり社会に刺激を与えたりすることが一番大きな魅力でチャレンジは必要です。 しかしその結果、残ってしまう商品が現実としてあります。 それをこれまでは一社完結型で、販売→SALEという流れがほとんどでしたが、SALEの先に販路をもつことで「ファッション業界」が魅力を維持しサスティナブルなものとなるのではないか、その役割をこのオフプライスという業態が担えるのではないかという想いでリンネをOPENいたしました。

―ラインナップー

SMASELL(スマセル)が多数の有名ブランドから提供を受けたアパレル商品の中から、新品中古 問わず常時1000種類以上を展開。

news

  • 21.2.15取材!:毎日放送より取材をいただきました!
  • 21.2.15掲載!:京都新聞に掲載されました!
  • 21.2.15掲載!:財形新聞に掲載されました!
  • 21.2.15掲載!:日経新聞に掲載されました!

access

場所  :〒604-8061 京都市中京区寺町通六角下る式部町254

地図  :GoogleMap

営業時間:2/11以降 12:00-20:00

(コロナウィルスの状況により変更となる可能性がございます)

TEL  :075-606-5410

contact

社名
エスピービー株式会社
代表者
代表取締役 後藤 裕次
所在地
【名古屋本社】
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄三丁目18番1号
ナディアパーク ビジネスセンタービル 14階
TEL
052-269-1580
E-mail
re-info@re-nne.jp
Copyright © 2021 SPB Inc. All Rights Reserved.